福山市の ・VISA 在留資格 ・相続 ・遺言 ・後見人 ・信託業務 ・法人設立 ・建設業 ・医療法人許認可

平田行政書士法務事務所

特定技能とは?

特定技能への資格変更について

「特定技能」とは、一定以上の「技能水準」及び「日本語能力」のある者が、いわゆる単純労働であっても、日本国内で就労活動できるよう2019年4月より新たに創設された在留資格の種類です。

一般的には、技能実習からの資格変更が想定されています。

特定技能の対象業種は次のとおりです。(14業種)

① 建設業
② 造船・舶用工業
③ 自動車整備業
④ 航空業
⑤ 宿泊業
⑥ 介護業
⑦ ビルクリーニング業
⑧ 農業
⑨ 漁業
⑩ 飲食料品製造業
⑪ 外食業
⑫ 素形材産業
⑬ 産業機械製造業
⑭ 電子・電気機器関連産業

特定技能1号へ資格変更するには、原則、評価試験(技能試験・日本語力試験)に合格した者でなければなりません。また、技能実習からの移行の場合、最低でも3年間の実習期間が必要です。

特定技能1号から2号へ資格変更するには、「熟練した技能」について、あらためて評価試験などによって一定レベル以上の能力が求められます。

技能実習2号へ資格変更が可能な業種は①②の2業種のみです。

特定技能への変更パターン